Home » news » この記事

2月のお知らせ

◎ほりだしもん市2023

一生もんshop緑々さんで行われるほりだしもん市に参加します。私は、2/3(金)・4(土)の出店です。どうぞよろしくお願いします。一緒にお宝掘り出しましょう~。

「ほりだしもん市2023」

日時 2/2(木)〜2/4(土)  11:00-17:00

場所 一生もんshop緑々 福岡県北九州市小倉北区京町4-4-17-1

古着、古本、古道具、在庫セール品などなど…お宝ザクザクな3日間。出店者は日替わりです。※マイバッグのご持参お願いします。

2/2(木) つつみ舎・工房日々く・ EADY*HARANO・クサボン・緑々
2/3(金)節分 樹の実工房 (山福朱実)・タカペイント(15:00まで)・クサボン・ 緑々・よしいいくえ
2/4(土)立春 樹の実工房山福朱実・Happy*bird・クサボン・緑々・よしいいくえ

CHIQONさんの絵、とってもかわいい。
古着や古本など並べる予定です~よろしくお願いします。

◎ 「flower ~花を描く」 展

そのうちcafe SNCさんで開催の 「flower ~花を描く」展に参加します。関西での出品はお久しぶりです。どうぞよろしくお願いします。

「flower ~花を描く」

日時 2/5 (日) ~ 2/26(日) 12:00 – 19:00
場所 そのうちcafe SNC
〒600-8182 京都市下京区塗師屋町119

電話 090-1767-0126
五条高倉下ル 六条院公園 ブランコ入ル
地下鉄五条駅より徒歩5分、京阪清水五条駅より徒歩10分

◯お越しの際は1オーダーお願いします。
◯期間中、お休みをいただくことがございます。

華やかで気品ある薔薇や百合の佇まい。
風が運ぶのは沈丁花や梔子のはっとする香り。
可憐に揺れるすみれやすずらんの花びら、ミモザの黄色。

花を贈ってもらったのはいつだったかな。
こないだ買って帰ったのはなんの花だっけ。

道端の小さな草花の名前を調べたり、
一輪の花を飾るだけでうきうきとした気持ちになりませんか。

まだ冷たい空気の中に春の訪れを予感させる2月。
作家たちが思い描く花々をぜひお楽しみください。

君が歌うクロッカスの歌もあたらしき家具のひとつに数えんとす
                         寺山修司

参加作家
足田メロウ(絵・陶器)
おざわさよこ(絵)
カトトモコ(写真)
鬼頭祈(絵)
後藤美月(絵)
佐上まりこ(絵)
高野いくの(絵)
土屋未久(絵)
はまぐちさくらこ(アクセサリー)
puntas(版画紙雑貨)
mao ochi(刺繍)
ミヤザキ(絵)
山本栞(テキスタイル)
よしいいくえ(モビール)

◎ナンバーズ展

つつみ舎さんにてモビール展開催します。今回のテーマは「数字」。いろんな数字のモビール、どうぞお楽しみください。期間中、出張モビール工房もあります。どうぞよろしくお願いします。

「ナンバーズ」

いろんな数字の組み合わせがゆらゆら揺れる よしいいくえさんのモビール展です。まるっと一週間楽しんでください。好きな数字がみつかるといいな。

日時 2/22(水)~2/28(火) 10:30~17:00

場所 つつみ舎 山口県下関市豊北町大字田耕4230-1

電話 090-7443-5808

Instagram → @223sha

〈出張モビール工房〉

日時 2/25(土) 受付時間 11:00~16:00

お好きなパーツをお選び頂き、モビールに組み立てます。完成したモビールは、後日郵送でお届けします。(随時受付)

詳細は、またSNSでお知らせします。よろしくお願いします。

Instagram →@ikueyoshii

Twitter →@ikueyoshii

DM配布中です。見かけたら手に取ってください~

2月も楽しく過ごしていきましょう。鬼は外、福は内~

川棚の三春堂さんの前にいたしろまるちゃんたち。

款冬華

大寒。

1/21は、北九州市立美術館でモビールワークショップ。年明けはじめてのワークショップ。久しぶりに小学生向けだったので、どきどきしていた。

今回は、2部制で、少人数での開催。

こどもたち、お母さんやお父さんも来られて、こつこつ作っていく時間。

作るのに夢中になっている子たちばかり(のように感じた)で、嬉しかった。

自分の作品が出来上がって帰るときのこどもたちの表情は、とても嬉しそうだったり、ちょっと得意げな感じだったり、とてもかわいい。それぞれ素敵な作品が出来上がって、とてもほっとした~。

学芸員の方々とお久しぶりに会ってお話できるのも、とても嬉しく楽しい。大好きな場所でお仕事できること、とてもありがたく、本当に嬉しかった。

1/21 朝 北九州市立美術館についた時の写真。
1/21 ワークショップ終了後の写真。

そして、1/22(旧正月)は、小倉城庭園にて新春茶会。

朝早く近所の美容室で着付けしてもらい、小倉城庭園へ。

着いた頃には、みんなが準備でバタバタしていたのでやや焦り。

午前中は受付。午後からお運びをさせてもらった。

着物は動きにくい・・・馴れが必要だなと感じながら、そろそろと歩いた。(完全にぎこちなかったであろう私の動き)

心配だったお天気は、朝は晴れ、帰りにはザーザー雨が降り出した。

たくさん人も来られてとても賑やかな一日だった。

コロナで中止になっていた新春茶会。ようやく参加できて嬉しかった~。

そして、やはり先生や先輩方の仕事っぷりに感心&圧倒される。すごすぎだよ。涙

私もいつかお点前できる日がくるのだろうか。(順番的に必ず来る)

もっとがんばらねば・・・と背筋伸び伸びた~。

1/22 朝

今日からまた通常運転。イベント出店や展示会準備などいろいろと控えている。

楽しい気持ちや嬉しい気持ちを大切に、ひとつひとつ進めていく。

やるぞ~。

雉始雊

人と会ったり話したりして、だんだん元気になってきた。

年明けから携帯を見る時間がぐっと減って、気持ちも軽くなってきた気がする。

自分のキャパは小さいので、いっぱいいっぱいにならないように気を付ける。

今は自分のやるべきことを少しずつひとつひとつ進める。

工房日々くさんのお菓子、じんわりおいしい。
弱っていたら宮崎からお届けものが。涙
ありがとうございます~涙
菊月の苺大福。幸せ。
遠くを眺めるシュアちゃん。
クロちゃんはいつも元気。頭突きしとるみたい。
日々、美しい植物たち。

最近響いた言葉。

「何度も思い出さないといけない。他人と比べることから不幸が始まる。」

素敵な作品を作られている作家さんの言葉。

気を付けていても、無意識のうちに、自分と他人を比べてしまうときがあって、そんなとき自分に「うわっ」ってなる。何やってんだかと。

この言葉を胸に刻んでる。

雪下出麦

小寒。

今年のお正月は、コロナに罹って自宅に籠っていた。

身体もよくなってきて、味もわかるようになってきて、日に日に安心感が増す。

気になるところもまだあるので、時間かけてじわじわ治していく。

今回のことは、自分にとっていい機会(経験)だったんじゃないかと密かに思ってる。(コロナに罹らないのが一番なのだけど)

自分がなってみないとわからないことばかりだったなとまたつくづく感じた。

最近は、黙々とモビール作ったり、黙々と繕い続けたり、黙々と本を読んだりしている。貴重な時間。

こねぎちゃん、ふっくらしとる。
クロちゃん、元気。
ことりさん、ありがとうございます~涙 かわいか。
おるね。
かわいか。

1月のお知らせ

新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。

コロナに罹患しお正月はお休みしていました。体調は回復してきていますのでスローペースになりますが今年もぼちぼち制作はじめます。(ご注文の品をお待ちいただいている方々には、大変ご迷惑おかけして申し訳ありません。 )

オンラインストアでの干支のモビールの販売は1/11頃からとなりそうです。準備でき次第SNSなどでお知らせしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

オンラインストア「よしいいくえのモビールストア」 https://ikueyoshii.stores.jp/

【追記】オンラインストアでの干支のモビールは、完売致しました。ありがとうございました。

オンラインストアは、当分の間お休みさせていただきます。またOPENする際は、SNSなどでお知らせしますのでどうぞよろしくお願い致します。

◎ 藁細工展(ほとりの商店川棚出張所

1/27(金)〜29(日)の三日間、 川棚の杜 コルトーホールにて 藁細工展が開催されます。 期間中土日の2日間、「ほとりの商店川棚出張所」がOPENします。私も参加させていただくこととなりました。(私は、1/28(土)のみ在店します。)藁細工展とともにどうぞお立ち寄りください。

〈ほとりの商店川棚出張所〉

1/28(土)10:00~17:00

1/29(日)10:00~16:00

藁細工(柳井佳)・ 文具や紙のもの(つつみ舎 )・ 郷土、民藝、暮らしにまつわる古本書籍(古本や檸檬 )・ 焼菓子(工房日々く)・ モビール(よしいいくえ )

ほとりの商店あゆみさん作のちらし、とても素敵。

『藁細工展』

昭和の藁細工名人 諏訪音松さんと柳井佳さんの2人展。烏山民俗資料館所蔵の諏訪さんの貴重な藁細工の品々や柳井佳さんの注連縄作品が並びます。

開催日時 1/27(金)〜29(日)  9時〜17時(最終日は16時まで)

下関市川棚温泉交流センター 川棚の杜 コルトーホール

山口県下関市豊浦町5180

裏面は、諏訪音松さんの海老の注連縄だそうです。かっこいい。

1月もお身体気を付けてお過ごしください~。健康第一!

今年の水玉食堂さんのおせちにお付けしたモビール
「水玉茶碗入りはねうさぎ」

大晦日

2022年最後の日。

気づいたらこの日になっていた。(PCが突然動かなくなり、更新できず。今は、ノートパソコンで何とか・・・でもこのパソコンも危うい感じしてて、ひ~ってなってる。泣)

12/22、山口市のPLEASEさんにて開催されていた保手濱拓さんの個展へ。空間装飾はことりさんだったので、これは行かねばと前のめりに。

つつみ舎神鳥さんと一緒に。PLEASEさんのお店の奥に森ができてた。

落ち葉の絨毯の小径を抜けると、展示会場。保手濱さんのアトリエの裏山の植物が会場に伸び伸びと生えていた。ことりさんらしい~と感じたとても素敵な空間。その空間の中に保手濱さんの絵があって、植物と溶け込んでいるようでもあって、とてもいい気持ちになる時間(空間)だった。

保手濱さんの絵は、余白があって、自由で伸びやかさを感じる。色彩も優しくて、ずっと眺めていられる絵だ。

ことりさんの空間装飾と保手濱さんの絵が、相乗効果ですごくいいかたちになっていた。(語彙力なくて悔しい)とても素晴らしかった。

すごく素敵なものを見せていただいた日。

会いたいひとたちにも会えて嬉し。

小径から現れる人。(ことりさん撮影)
いい路地見つけた。
ツリーと雪はベストマッチです。

12/23、雪の日。北九州にも雪が積もった。すごく寒い日。

雪を見るとやはりちょっとわくわくしてしまう。

そろりそろりと気を付けながらほとりの商店へモビール納品。

雪の日の河内の空気、すごく冷たくて痛いくらいだったけど、何か引き締まった感じ。これもまたいいなって思った。

雪景色のほとりの商店も素敵。
ツワブキの花が凛々しく見えた。かっこよか。

12/25、クリスマスの日は、ご褒美のようなことがあってとても嬉しく幸せだった。じんわり余韻に浸ってる。とても感謝している。

博多のイルミネーションはすごかった。(この写真、感染防止認定店のところが目立っとるね・・・)

クリスマス翌日からは、まごじ凧展の設営に行ったり、北欧歯科さんのモビールの取り替え行ったり、緑々さんへご挨拶行ったり、モビール作ったり・・・とばたばたし続けていた。そして今、若干体調崩している。

小倉城で設営を終えた後、あのコがいるのを見つけた。かっこよか。
少し焼きすぎた・・・

そして大晦日。水玉さんに無事モビールをお届けできた。

よかった~。ホッ。(仕事を無事終えた安心感)

水玉のおふたりと会えるのも嬉し。

ひとり2022年を振り返る。

今年、久しぶりに遠方で展示会ができたり、出店できたり、いろいろな方とお会いする機会が増えてとても楽しい一年だった。

ぎりぎり滑り込み~ばかりしていたのだけど、おそらく私は、忙しい方が元気なんだろう。

来年もしたいことがたくさんで、気持ちばかり前のめりになっている感じするけど落ち着いてひとつひとつ。こつこつやってくぞ~。

仕事 (モビール) も作品制作(モビール)も趣味(茶道・ピラティス)も…いろいろもっとしっかりやっていきたい。(したいことありすぎやね。)その為には、選んでいかなきゃなと思う。

2022年も本当にありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱい。

2023年、益々楽しく、のびのび~とした一年となりますように。

年末に出会った猫。寅次郎さん。
年末に出会った猫。ちょびひげのふわこさん。

鱖魚群

Maison HAKOSHIMAさんで手にした東風さんのパン。

とても美しく、味わい深い。

ぱんたまさんの京都での思い出に想いを馳せながら食べた。じんわり。

東風さんのクロワッサン。美し過ぎる。酵母の香りがとてもよくて、優しくて芯のしっかりしているパン。
東風さんのライ麦パン。ポッポ布とともに。
クロワッサンもポッポ布とともに。(ちょっと暗かったね・・・ごめんなさい)

12/11、クサボンさんの個展「あんなものがこんなものに展」@緑々へ。最終日の夕方に滑り込み。クサボンさんと長らくお会いすることができていなかったから、とてもとても嬉しかった。そして、クサボンさんの作るものや空間は、本当に優しくて愛おしくて(どこか切なさが垣間見えるときもある)楽しいなぁと改めて実感。ほんとにあんなものがこんなものになってた。すごい。

クサボンさんご本人のかわいらしさ(愛らしさ)が人形たちに表れていて、ぎゅっと抱きしめたくなるコたちばかりだった。

クサボンさん、とても素敵な方だ。リスペクトし続けてる。

緑さんがとても嬉しそうにクサボンさんをいじっていて・・・笑
そんな緑さんとクサボンさんがとてもかわいかった。たくさん笑った~。
クサボンさんが齧ったパン。猫になってた。すごい。笑
クサボンさんとのツーショット。嬉しい。
和歌山からみかん届いた。Bさん、本当にありがとう~涙
みかんたち、かわいい。
チャメちゃん。かわいいチャメちゃん、元気かな。

12/13、北九州市立美術館分館で開催されていた「和田誠展」へ。熊本で展示があっていたときからずっと行きたい観たいと思っていた展示。北九州で観れるなんて嬉しい!

和田さんの作品の量が膨大過ぎてびっくりした。みたことがあるあれも、これも、和田さんの作品だったのか・・・と。

幼い頃何度も何度も読んでいた『これはのみのぴこ』

意識していなかったけど、谷川俊太郎さんと和田誠さんが手がけた絵本だったのだ。

私たちは、知らず知らずのうちに、和田誠さんの作品に触れて生きていたのだ。

好きなこと(もの)や自分のしたいことを自分の作品にして、そしてそれが広がっていって、続いていって・・・と、 和田さんが楽しみながら作品を作っている(生きていた)のが伝わってくる。

和田さんが学生時代に描いていた先生たちの似顔絵をみて、(←これすごかった!笑)その数十年後に描いていた芸能人の似顔絵とも繋がっているように思えて、 ひとって変わっていくようでいて変わらないものだよな~と考えたり。

いろんなところから、和田さんの楽しさが伝わってきた。

そして、家族への愛情が深~くて、とても素敵だった。

気持ち温まる。

和田誠展のフライヤー2パターンあって、どちらもかわいすぎるのだ。
和田さんの描く動物たち。愛嬌があってとてもかわいらしい。
のみのぴこ。。。大好きな絵本。絵も字もとっても好きだ。
愛嬌あるひとや動物の描き方。和田さんのユーモアとセンスに惚れ惚れ。
名画座のポスターもとてもよかった。とても素敵なデザイン。ゴールデン洋画劇場のオープニングも和田さん。懐かしや~。
リバーウォークのツリーを上から見てみた。
紫川にぷかぷか浮いていたホシハジロたち。
工房日々くさんのカヌレとみかん。日々くさんのお菓子たち、おいしか~
工房日々くさんのシナモンレモン
かわいいツリーが届いた!とっても嬉しい。涙
ありがとうございます~
BENCHさんのシュトーレン。おやつに少しずついただいている。おいしか~
サク山チョコ次郎の苺味。とってもかわいか~
12/19 雪降ってきた。とても寒い!けど、嬉しい。けど、めちゃ寒い。
焼きみかん、毎日食べてる。

モビール作ってはお届け、そして先のことを進めている日々。

一日一日がはやくて焦ってしまうけど、楽しみもしっかりとる。

ひとつひとつだ~

閉塞成冬

ひと山越えた気がする。

年内、まだまだ仕事あるけど、ちょっとひと段落。

ひとやすみして、今日からまたひとつひとつ。

やるぞ~(静かに燃え続けている)

12/6 足立山のそばに月
12/7 近所の山茶花。花がとても綺麗でよい香り。こんなに山茶花の花に感動するの初めてかも。(今までちゃんと見ていなかったのだろうか)
遠くを見渡すシュアちゃん
12/9 綿のような雲だった。
いただきものの栗しぐれ。お抹茶と。
工房日々くさんのアニスショコラ。食感も味も・・・好き~
12/10 そぴあしんぐうさんでのひょっとこモビール作り、楽しく終えられて感無量です。
お久しぶりにMaison HAKOSHIMAさん。ふたりとも疲れきってた。笑 でも、会えて嬉しい。
聖福寺。落ち着く場所。〇△□の〇
小春日和。

今週のお茶の稽古のとき、お点前していたら自然と手が動く瞬間があった。これだ~!と、とても嬉しくて喜んだ瞬間・・・次の動作が出て来なくなり止まってしまう。苦笑

でも、あの感覚を自分で体感(実感)できたことがとても嬉しかった。

少しずつ少しずつだけど変化している。

朔風払葉

11月最終日。

一日一日、ぱたぱた(ばたばた)している。

制作もあるし、先のことも決めていかないといけない。

同時進行は難しいけど、進めていかないといけない。進めるぞ。

今年は何だかずっと走り続けている感じ。(すんごい走るの遅いけど)

2022年、最後まで駆け抜ける。

いただきもののお菓子。とまらなくなるやつだった。特にカレー味、とまらんよ~。ありがとうございます。かわいか袋。
小菊。
こねぎちゃんと出会う。喉元を撫でたら気持ちよさそうにしていた。頭を撫でると嫌がる。
かわいかこねぎちゃん。
お久しぶりに水玉食堂さんですこやかごはん。美味しくて元気になる。そして、お喋りが楽しい。
水玉食堂さん
小倉のイルミネーションは、遠くから見るのがいいと思う。

11/26、お久しぶりにロバの本屋さんへ。 奥川純一さんの写真展「wrapping paper」を観るのと、WSに参加。

奥川さんとはじめてお会いしたのは、2013年徳島で開催されたマチトソラ芸術祭のとき。 奥川さんご夫婦と出会い、共通の知人がいたということもあり、おふたりといろいろお話をした。その後も東京で何度かお会いして、最後にお会いしたのは2014年、古書ほうろうさんで。

だから約8年ぶりだった。奥川さんは変わっていなかった。(その間たくさん本を出版されていて、驚き。一冊一冊の熱量がすごい。)

ロバの本屋さんに広がる奥川さんの世界は、異色なようでいてとても馴染んでいた。奥川さんの遊び心(というべきか、こだわりがたくさん。)が散りばめられていて、とてもおもしろい空間。

懐かしいというのかな・・・どこかの国(アジアの気がする)を旅しているような気持ちになる。

お話を聞いていても、相変わらずおもしろかった。

ロバの本屋さんにゆっくり行きたい気持ちもずっと持ち続けていたから、とても嬉しい一日だった。

WSで作ったカレンダー。写真集『 wrapping paper 』から好きなページを選び、切り取って貼って(コラージュ)作るオリジナルカレンダー。とても楽しかった。
奥川さんの展示の一部。写真の展示の仕方にも奥川さんらしさが出ていて、とてもよかった。とてもいい意味で、濃いいのだ。(いい意味です)
WS後、菊月の和菓子をみんなで食べた。
ビクター、かっこよか。チャッチャとミーコやんにも会えた。嬉し。
オルタさんのマフィンと東出珈琲さんの珈琲(金沢に住む姉からの贈りもの)。美味しか~。
いただきもののさつまいものケーキ。濃厚で美味しか。ありがとうございます。

最近、再会が多い。

一刈美穂さんのラジオに出演したときも感じたのだけど、以前のことを振り返る機会が多い。(一刈さんともポポラート三番街で会って以来だったから、7年振りくらい)

あの時(過去に)できなかったことを、私がこの先よいかたちにできたらな・・・と考える。

どうか、よいかたちにできますように。

自分のすべきことが見えてきたから、(最近、やっぱり私これしとかないけんやん。っていうのを見つけた。気づくのが遅い。目を逸らしてはいけない。)その為にもすこしずつ動いてく。

やるぞ。

よしい。がんばれ~。

12月のお知らせ

◎2023年干支のモビール

今年も2023年干支のモビールを制作しました。来年の干支うさぎのモビールは、「はねうさぎ」・「ちいさなおまつり」の2種類ご用意しています。

12月2日(金)から12月中、ほとりの商店さんにて干支のモビールをお取り扱い頂きます。年内の干支のモビールのお取り扱いは、ほとりの商店さんのみとなりますので(通販はできません。ご了承ください。)どうぞよろしくお願い致します。

湖の畔にある滋養菓子のお店「ほとりの商店」
福岡県北九州市八幡東区河内1-2-4
営業日/ 金・土・日(不定休)
営業時間/12時~17時

「はねうさぎ」
首振り張子をモチーフにうさぎのモビールを作りました。
お腹の中は、亀だったり子うさぎだったり、いろいろあります。
ぴょ〜んと飛躍の一年となりますように。
「ちいさなおまつり」
首振りうさぎや玉乗りうさぎ、かめ、お月さまなどがゆらゆら〜。
ちいさなおまつりのモビールです。ささやかにワイワイ。
和やかで楽しい一年となりますように。
ところどころ違いがあるので、直接見てお選びくださいね。

まごじさんとのコラボ干支モビールは、12月初旬から井筒屋本館6階のKitakyu Columbusさんにてお取り扱いいただきます。お届けしましたら、SNSにてお知らせします。どうぞよろしくお願い致します。

まごじさんとのコラボ干支モビール。2023年は、寅の部分が卯になります。
ある日の井筒屋さん。

◎オンラインストア「よしいいくえのモビールストア」

オンラインストア「よしいいくえのモビールストア」 では、季節のモビールを並べています。12月は「クリスマス」です。ご興味あればどうぞ覗いてみてください。

オンラインストアでの干支のモビールの販売につきましては、詳細決まり次第SNSにてお知らせします。(干支のモビールは、年内は、ほとりの商店さんでの販売のみとなります。)

よしいいくえのモビールストア→