朔風払葉

伊藤園さんの新俳句大賞入選作品集に自分の句が載った・・・ う・・・嬉しい!泣 ありがたや~ ありがたや~ 「橙の満月つまんで食べてみる」 俳句にも、めちゃくちゃ自分が出ていて、自分が作った句は、とても下手だし浅はかなのは … 続きを読む

金盞香

先日、おひさしぶりに蒸しまる2164さんへ。ミカヅキ印 器製作工房の藤原さんの個展「きのこのおうち展」を覗きに。作品が部屋いっぱいに並べられていて、ちいさくてかわいいきのこたちの世界。ほんとに、きのこのおうちに来たみたい … 続きを読む

地始凍

すいすい~っと、深呼吸。 秋の草花は、ほんとかわいい。・・・もう、冬か。 今日は、小春日和。 やるぞ~

山茶始開

どんどん日が過ぎてゆく。 焦っていても、一日にできることは限られているから、コツコツやるしかない。 小心者なので、すぐ恐れが出てくる。 だから、ただただ祈る。

楓蔦黄

急に寒くなってきた。 することが詰まってきて、ついつい小走りになってしまう。 頭の中、整理しとかんとやばいなぁと思いながら、時間が過ぎていく。 落ちつけい。自分。 先日、クサボンさん作の猫を連れ帰ってきた。名前は、「ぼう … 続きを読む

霎時施

嬉しいものが届く。 お便りの中に木の葉。嬉しい。 最近、橙色のものばかり手にしている。南瓜の季節だからだろうか。 南瓜菓子をよぅ食べてるので、吹き出物も増える。 しかし、ついつい「かぼちゃ」を目にすると手に取ってしまうの … 続きを読む

霜始降

秋の空って、ほんと綺麗。たまたま小倉のまちに出てたとき、あまりに綺麗で、ずっと上を見て歩いていた。 秋の草花もかわいらしい。 好きな季節だ。

蟋蟀在戸

月とビスケット.さんで開催していたモビール展「秋の日」が終了。 遠い場所での開催・・・は、やっぱりいつもドキドキする。遠くなくてもだけど。 作業場でひとり黙々と作ったものを、いろんな人にみてもらう。 嬉しい瞬間ではあるけ … 続きを読む

菊花開

玄関のドア開けた瞬間、ふわわ~っと金木犀の香り。 この香りを体内に詰め込んでおこうと、空気を吸い込み過ぎる。毎年のこと。 嬉しいお届けもの。栗の皮をむく時間も贅沢なように思う。

鴻雁来

10月も半ばに近づいている。 数日間、姿を見せなかったケロちゃんが、昨日は窓からすぐ側の葉っぱの上にいた。 恐る恐る触ってみた。ペタッとしている。 数時間後には、他の葉っぱの上に移動していた。嫌だったのかもしれない。 触 … 続きを読む